読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裁判所に公正な判決を求める国際署名にご協力ください

YOSHIMI 裁判いっしょにアクション!!

 「吉見裁判」は来年1月20日に判決が出る予定ですが、裁判所に公正な判決を求める国際署名がはじまりました。(以前このサイトでよびかけた「研究者の声明」賛同署名とは別の署名です。)ハングル版、英語版趣意書も現在、準備中とのことです。

 以下、吉見裁判の支援ネットワーク「YOSHIMI裁判いっしょにアクション」のサイトから転載します。ご協力よろしくお願いいたします。

裁判所に公正な判決を求める国際署名

裁判所に公正な判決を求める署名にご協力ください。

 中央大学の吉見義明さんが、日本維新の会(当時)の桜内文城衆議院議員(当時)を名誉毀損で訴えた裁判が、2016年1月20日、ついに判決を迎えようとしています。

 吉見さんは、日本軍「慰安婦」問題の第一人者として、日本のみならず、世界的に信頼されている研究者です。そのような人の著書を「ねつ造」と、外国特派員協会の記者会見の場で発言した桜内氏は、著しく吉見さんの名誉を傷つけたにもかかわらず、発言を撤回するどころか、法廷でもさらなる名誉毀損ととれる発言を繰り返しました。さらに、被告側は、「慰安婦=性奴隷説はねつ造」であり、吉見さんが著書のなかで「慰安婦は性奴隷であると断定している部分はねつ造である」とも主張し始めました。

 日本軍「慰安婦」は性奴隷制度ではなかったとする主張は、日本の国家・軍隊が過去におこなった支配や暴力、その歴史から目を背けるもので、被害者をさらに傷つけるものです。

 この裁判で勝訴を勝ち取ることができなければ、吉見さんの名誉回復ができないだけでなく、被告側の主張により再び傷つけられた被害女性たちの名誉も回復することができません。

 どうぞ、裁判所に公正な、そして歴史と世界に恥じない判決を出すよう求める国際署名にご協力ください。

*こちらから署名できます。
 http://www.yoisshon.net/2015/12/blog-post.html

 第一次集約 2015年12月20日
 第二次集約 2016年1月5日


裁判所に公正な判決を求める国際署名

東京地方裁判所 民事第33部 合議1E係 御中

 中央大学の吉見義明さんが日本維新の会(当時)の桜内文城衆議院議員(当時)を名誉毀損で訴えた裁判(平成25年(ワ)第19679号損害賠償等請求事件)が、2016年1月20日に判決を迎えるに当たり、私たち日本の市民、そして世界の市民は、裁判所が公正かつ正義の判決をだされますよう切に訴えます。

 原告吉見義明さんは、丹念な資料調査と証言の聞き取り等により日本軍「慰安婦」問題の実態解明に誰よりも大きく貢献し、被害者に希望の光を与え、世界に日本の良心を示してきました。ところが被告はこの原告の著書を「捏造」であると発言し、さらに本法廷では、原告が「慰安婦は性奴隷であると断定している部分は捏造である」とも述べています。

 研究者の研究業績を捏造であると公言し、さらにその業績の結論とも言うべき命題を捏造であると指摘する行為は、研究者に対する重大な名誉毀損であるだけでなく、研究者の社会的存在そのものを否定する暴挙です。

 「慰安婦」問題の研究者として国際的にも高名な原告の、まさにその業績を「捏造」と断定した被告について、日本の司法がどのような判断を下すか、世界中の市民も注目しています。

 裁判所におかれましては、歴史と世界に恥じない判決を出されますよう心から要望いたします。

*こちらから署名できます。
http://www.yoisshon.net/2015/12/blog-post.html